プロフィール

神奈川県逗子市に生まれる。
20代後半にクラシックバレエからフラメンコ舞踊に転向。

国内でいくつかの公演や教授活動をしたのち、
1984年から99年まで通算16年間スペインに滞在。

この間,コンチャ・バラ,ラ・チカ、マテイルデ・コラール、アナ・マリア、クリストバル、リナ・イ・ミゲールやラ・タテイ、などに師事。へレスのエスクエラ・プリバーダ・デ・アルテ(芸術学校)で教授活動。

現在、逗子と東京を往復しながら、独自に舞踊や音楽などの研究活動を続けている。

夫は東京大学名誉教授で、世界的に著名な鳥類学者。

これまでの主な公演活動

  • 「樋口晴美フラメンコの夕べ」
    (神奈川県民ホール)
  • 「樋口晴 美の創作舞踊 ”雪女”」
    (東京 草月ホール:同全幕 スペインのテレビ番組で放映)
  • 「カマロン追悼公演」(スペイン サンフェルナンド)
  • 「樋口晴美フラメンコリサ イタルーカマロンに捧ぐー」
    (東京 草月ホール:同全幕 スペインのテレビ番組で放映)
  • 「ノーチェ・フラメンカ・デ・ヘンテ・フォーベン」
    (スペイン ヘレス)